低ノイズプリアンプ仕様

低ノイズプリアンプの仕様をお知らせします。本プリアンプのノイズの評価は、40kHz〜2MHzと言う広帯域において低ノイズを実現しています。他社品で低ノイズとして販売されているプリアンプは、評価する周波数範囲を限定することで低ノイズを達成していますが、本プリアンプは上記のように広帯域で低ノイズを達成しています。本プリアンプの利得は26dBですが、特注で異なる利得にも対応させて頂きます。広帯域で低ノイズプリアンプをお探しの方はぜひご検討下さい。なお、別売りのプリアンプ電源を利用して本製品に電源を供給すると、オシロスコープなどの波形観察装置を接続することにより、簡単に、そして安価にAE信号が観測できます。

ホームページの「AEセンサ」もご参考にして下さい。本製品は、インターマインドと共同で製作したものです。

電源電圧:4V〜7V
周波数特性:40kHz〜2MHz(-3dB以内)
入力形式:不平衡片線設置
入力インピーダンス:10kΩ±10%
利得:26dB±1dB
入力換算雑音:5μVrms以下
最大出力電圧:2Vp-p(@5V電源)

低ノイズプリアンプ仕様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA