非破壊検査AEを御存知ですか?

ホーム

設備診断技術はAEの時代に

GFRPなどの材料評価に古くから使用されていたAE。現在では、その応用範囲が広がり、工場設備、例えばモーターやコンベヤーなどの軸受の焼付きやはく離、歯車(ギヤー)の損傷、構造物、例えば配管やタンクのき裂や腐食やなどにも一般的に使用されるようになりました。設備診断技術として注目されているこのAE(アコースティックエミッション)を使ってみませんか?

アコースティックエミッション (AE)とは

材料にき裂が進展する時に、き裂の周りに応力の変化が生じて材料中を伝搬します。このき裂によって応力の波(弾性波)が発生して伝搬する現象をアコースティックエミッション(Acoustic Emission)といい、一般的にはAEと呼ばれています。逆に、材料表面にこのAEを検出するAEセンサを取付けて、伝搬してきたAE波を検出することで、材料内部に生じるき裂の動きを知ることができます。

AE(アコースティックエミッション)

株式会社SETLa(セトラ)

会社名SETLa(セトラ)は健全性評価技術研究所(Soundness Evaluation Technology Lab.)の略で、AE(アコースティックエミッション)に関するAEセンサ。AE計測装置、AE計測サービス、教育、講習を提供しています。設備診断でお困りの皆様やAEの導入を御検討の皆様、AEに関することならどのような内容でもセトラに御相談下さい。

SETLa(セトラ)のホームページ

本ホームページでは、弊社SETLa(セトラ)の提供するサービスであるAEセンサの販売、AE計測装置の販売、計測サービスについて紹介しています。また、AEをできるだけたくさんの皆様に使用頂けるように、AEに関するさまざまな情報を提供していきます。AEに関する情報源としてご利用下さい。

AEの基礎知識

AEの教育とSETLa

AEは難しそうですが、原理は単純で、AE計測装置の操作も簡単です。AEを御理解頂くために、AEの原理やAEセンサの設置方法、計測方法などを簡単に説明しています。 また、AEの書籍や講習会もご紹介しています。メニューから「AEの基礎知識」をクリックして下さい。

AEセンサの販売

AEセンサ

AEセンサの選択には、計測対象の材質や距離、表面温度などを考慮して選定する必要があります。国外ではフィジカルアコースティクス、国内は富士セラミックスのAEセンサを扱っています。AEセンサのアクセサリ等も豊富に扱っています。メニューから「AEセンサ」をクリックして下さい。

AE計測装置の販売

AE計測器

SETLaではアコースティックエミッション(AE)による設備診断や計測サービスを提供しています。また、複数のAEメーカーから、ニーズに合った最も適切なAEセンサ、AE計測装置を選択して提供します。 メニューから「計測装置」を選択して下さい。

AEによる設備の診断

AEによる設備診断

AEはき裂や摩耗により発生するので、振動法等などと比較して設備の異常を早期に評価できます。メニューから、「設備診断」をクリックして下さい。軸受やメカニカルシール、ファン、撹拌機、減速機など、診断事例をご紹介しています。

AEによる構造物の診断

AEによるプラント診断

タンク、配管等の構造物に生じるき裂や腐食の検査にAEは非常に有効です。検査時間の短縮、稼働中のき裂進展の評価などが可能です。 メニューから、「構造物診断」をクリックして下さい。診断事例をご紹介しています。

AE計測、診断サービス

AE診断サービス

SETLa(セトラ)では、AEの計測や設備診断業務もお受けします。お客様に代わり計測、診断致します。コロナ渦の時代、リモートによる対応も可能です。メニューから「計測・診断サービス」をクリックして下さい

学会・出版活動

AE学会発表

非破壊検査協会機械学会での論文発表などの学会活動や、ポリテクセンターでの講習、各専門紙への投稿なども行っています。また、共同研究、開発もお受け致します。投稿、出版物に関してはメニューから「AEの基礎知識」をクリックして下さい。


AEに関するトピックス

AE基礎講座(ビデオ版)を提供開始

AEの「基礎講座」および「軸受診断」のビデオ版の提供を開始しました。AEの基礎を御理解頂けるように簡単に説明しています。ファイルは50MB〜100MBほどありますので、ダウンロードには十分ご注意して下さい。「AEの基礎知識」からダウンロードして下さい。

YouTubeスタート

AEの基礎技術や、設備診断技術、AE計測装置、AEセンサなどの説明をYouTubeで配信を開始しました。AEのアプリケーション等も順次充実させていきます。

AE講習ビデオ(基礎編
AEセンサの構造と使用方法
AE設備診断(軸受編)
AE設備診断(メカニカルシール編)
AE計測装置

AEによる低価格な軸受診断サービスを開始

AEにょる軸受の診断サービスを、価格を大幅に抑えて開始しました。お客様にてAEを計測して頂いて、お送り頂いたデータをもとに簡易報告書をお送り致します。使用する計測器もご安心下さい。スタートボタンを押すだけでAEが計測できる装置をお送りします。詳細は「診断・計測サービス」を御覧下さい。

ポリテクセンター中部でAE講習会開催

ポリテクセンター中部で、今年も10月にAEの講習会の開催が決定しました。講師は、メンテクノオフィスの井上紀明様と、当社SETLaの西本が担当します。詳細は、ポリテクセンター中部のコース番号M6061をご参考にして下さい。「新着情報」を御覧下さい。

機械学会で状態監視と診断技術の講習会

日本機械学会で企画:ISO・JIS・学会基準委員会により、「グローバル技術者必須!!機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格(初心者向け,初中級者向け)」の開催が決定しました。当社セトラの西本もAEについて講習に参加しています。詳細は、下記の機械学会のホームページを御覧下さい。https://www.jsme.or.jp/event/22-72/

フィジカルアコースティクスの製品販売、メンテナンス

フィジカルアコースティクス(Physical Acoustics)の製品の購入ルートを確保しています。日本フィジカルアコースティクス株式会社は業務を停止し、マテックス建材株式会社に業務が移行されました。セトラでも、マテックス建材株式会社にご協力する形でフィジカルアコースティクス社の製品の販売とメンテナンスなどのアフターサービスを開始しました。セトラの社員は、フィジカルアコースティクス社のAE装置を熟知し、その使用法や利用方法にも豊富な経験があります。AEセンサや計測装置はもちろん、TankPAC(タンクパック)やMonPAC(モンパック)などの計測サービスも対応できます。

今月の特集

メカニカルシールの損傷評価

今月は、メカニカルシールの損傷評価に関する特集です。最近、撹拌機のメカニカルシールの損傷評価に関するニーズが急増しています。もともとニーズが多かったのですが、その背景には、設備の老朽化によるトラブルの増加があるようです。メカニカルシールの損傷の原因には、ピッチングやブリスタ、異物付着、腐食、バネの固着など色々な要因がありますが、結局は上記原因によるすべり面の摩耗の進行が根本的な原因です。摩耗の評価とくれば、AEの得意とする現象になります。

近日中UPします。少しお待ち下さい。

特集(好評にお応えして)

風力発電設備の健全性評価

先月までの、風力発電設備の特集が好評でしたので引き続き連載しておきます。日本の風力発電設備は、雷や台風、四季に伴う風速の変化など、稼働条件として損傷が進みやすい設置環境にあります。昨今、洋上風力なども建設件数が増え、設備の健全性評価のニーズが急増しています。風力発電設備は主に軸受、増速機、発電機、ブレードから構成されますが、特に、ブレードの損傷に関して、現状は目視検査しか方法はなく、新しい検査方法が求められています。今月の特集は、AEによるブレードの損傷評価です。

AEセンサの設置位置

ブレードの損傷をAEで検知する場合、AEセンサはブレードに直接取り付けるのが理想です。特に大型の風力発電設備ではブレードが10mを超す場合もあり、減衰を考慮するとブレードに直接取り付けることが必要です。しかし、ブレードの長さによっては、主軸軸受にAEセンサを取り付けて、ブレード→軸→主軸軸受→軸受箱に伝搬してきたAEを検出して異常を評価できます。

ブレードの損傷評価

ブレードから検出されたAEの振幅の挙動を下記に示します。ブレードに損傷が進行すると、風速が上昇してブレードが回転を開始する時に振幅の大きなAEが発生するのが観察されます。ブレードの回転が上昇する時には、ブレードの応力変化量が大きくり、損傷が進みやすくなるのが原因と思われます。損傷形態には、き裂やはく離があります。下記の図でb)がき裂、c)がき裂が成長してはく離となった場合です。

風力発電設備ブレード損傷評価

軸受のクリープの評価

 風車の損傷として,発電機に関するトラブルは少ないですが,昨今,クリープが急増しています。クリープの診断事例を紹介します。
 下記に、軸受にクリープが発生した増速機で観察されたAEの挙動を示します。回転上昇時にエネルギーの高いAEの発生が認められます。これは、クリープは摩擦現象ですので,クリープが発生すると持続性の長いAEが発生すると考えられ,持続性と相関のあるエネルギーの大きなAEが発生したと考えられます。この現象は,クリープの発生した実績のないモーターや,点検でクリープが検出されなかった軸受では観察されません。

クリープとAE