AEセンサ

ホーム » AEセンサ

AEは、材料により発生する周波数が異なります。したがって、AEを検出する場合には、計測対象の材質に適した共振特性をもったAEセンサの選択が必要です。歴史と実績のあるPhysical Acoustics(フィジカルアコースティクス)、国内のAEセンサメーカである富士セラミックス、その他FCAS(藤村クレスト)FIRST AE(信和産業)のAEセンサを取り扱っています。選択はお任せ下さい。

AEセンサ,SETLa

計測対象の材質や、現象の生じる場所からの距離、ケーブル長さなどを考慮して最適なAEセンサを選択して下さい。下記は代表的なAEセンサです。これ以外にも、共振点や構造の異なるAEセンサや、非常に安価なAEセンサも御用意していますので、お問合せ下さい。


共振型AEセンサ

共振型のAEセンサです。AEは材料により発生する周波数が異なります。また、AEの伝搬経路の状況により、高い周波数の減衰などを考慮する必要があります。検出対象に応じた共振特性をお選び下さい


プリアンプ内蔵(5V)共振型

5V系の電圧で駆動するプリアンプを内蔵したAEセンサです。計測点から計測器までの距離が遠くなると、ケーブル内で電気信号が減衰し、ノイズの影響が大きくなります。ケーブルを延ばしたい場合には、AEセンサにプリアンプを接続して信号を増幅することで、ケーブル長の影響を少なくすることができます。計測点から計測器までの距離が1mを超える場合に使用し、ケーブル長を延長することができます。


プリアンプ内蔵(28V)共振型

28V系の電圧で駆動するプリアンプを内蔵したAEセンサです。計測点からシステムまでの距離が1 mを超える場合に使用し、ケーブル長を延長することができます。


広帯域型AEセンサ

周波数特性がフラットな広帯域型のAEセンサです。広帯域型のAEセンサは、共振型のAEセンサの共振をダンパで抑えて特性をフラットにしています。したがって感度は低くなるりますので、計測対象と目的を考慮して使用して下さい。


プリアンプ(28V)

プリアンプ(5V)

AEセンサの出力を増幅して、ケーブルを延長することができます。使用するAE計測器のプリアンプの供給電源の電圧により28Vと5Vを御用意しています。


アクセサリ

マグネット取り付け治具です。他に、ウェーブガイドや、ご要望に応じた取り付け治具も製作致します。